*

還暦祝いの贈り方

先日私の父の還暦祝いを送りました。
昔は60歳と言えばおじいさん、おばあさんですっかり老人と言う感覚でしたが、今は全く違います。

まだまだ現役でバリバリ働いている人も多いですし、そんな人に昔ながらの赤いちゃんちゃんこや赤いものを取り入れたものではちょっと可哀想かなと思います。
うちの父の場合も、還暦、という節目は大切にしながらもこれからも若々しく気持ちを保ってもらいたいので、送る品物についてはだいぶ考えました。
今は昔ながらの赤いものよりも、やはり本人が喜ぶもので良いのではないでしょうか。

どうしたら今まで育ててもらった感謝の気持ちを表せるか考えましたが、うちは4人兄弟なので、一人あたり5000円を見積もり、2万円の予算で考えました。
ちょうどリサーチしていたら還暦祝いの平均予算は2万円前後とのことでしたので丁度良かったと思います。

うちの父親は趣味で卓球をしているので、使っている卓球ウェアが古くなったというので、ウェアと卓球の試合用の大きなボストンバッグを購入してプレゼントしました。

大き目の箱に自分たちでラッピングして紅白の水引をつけて兄弟一同と書いて渡しました。
必要な物ですのでとても喜ばれて送ったほうもとても嬉しかったです。送るマナーとしてはやはり当日よりか、それ以前に送るのが良いと思うので、誕生日の少し前に皆で集まれる日にお祝いしました。

来年は今度は母の還暦祝いがあります。
母は一体何が良いでしょうか?歳をとるとあまり欲しいものがないというので、欲しいものを聞いてもすぐに思いつかないようでちょっと困っています。

母は父が出不精の為、ほとんど旅行に出かけたことがないので、温泉一泊旅行を父親と行けるように手配するのはどうか?と思っています。美味しいご飯と温泉、二人での思い出、とても良い記念になりそうです。予算は少しオーバーするでしょうが、まだ時間がありますし、父にも母にも喜んでもらえることなので、兄弟たちにもプレゼンして賛同してもらえるようにしたいと思っています。
還暦祝いを皆で出来るよう、健康に気を付けてほしいと思っています。


公開日:

no image
カフェの開店祝いなら、絶対お薦めが胡蝶蘭です!

カフェの開店祝い、何を贈ったら良いか、悩むことも多いと思います。おすす

→もっと見る

PAGE TOP ↑