*

結婚祝いの贈り方

知人や友人ノ結婚の知らせを受けて
「さて、御祝儀はいくら程包もうか。」
「お祝いの品は何にしようか。」
と意外と知っているようで、知らないのが結婚祝いのマナーではないでしょうか。
逆に言えば、結婚のお祝いについてのタブーのというものがありますね。

簡単に言うと縁起の悪いことを連想させる品や風習を避けることで
相手も心地よく受け取れるものだと思います。

まずは、御祝儀。
包むご祝儀の金額の相場から言えば、友人で3万円、親戚だと5万円~10万円と言ったところでしょう。
ここでも注意しなければならない点が、いくつかあります。
一つに水引です。
水引は縁起が良いとされる金銀もしくは紅白の水引を使うことが一般的です。
しかも、結婚には2度目が無いようにと、結び切りにも注意が必要です。

そして、包むお札は新札で折り目が無いものを選んでください。
新たな門出を祝うことが大事なためです。
御祝儀は披露宴の前に渡すことが一般的ですが、この時もご祝儀袋をそのままむき出しで持参するのではなくて、ふくさ等に包んでその場で広げて渡すことも大事なマナーです。

他にお祝いの品についても大事なポイントがあります。
一般的には、新婚生活で必要な品を選ぶことが喜ばれますか、刃物類等の「切る」ことを連想させる品は「縁切り」につながることがありますので、避けるのが無難でしょう。
また、これらの品を渡すタイミングも気配りが必要になってきます。
渡す時期としては、結婚式の2、3週間前に渡すのが通例です。
早すぎても遅すぎてもダメなものですが、折角のお祝い品も喜びが半減してしまいます。
このようにお祝い品を渡すタイミングやマナーがとでも大事になってきます。


公開日:

no image
カフェの開店祝いなら、絶対お薦めが胡蝶蘭です!

カフェの開店祝い、何を贈ったら良いか、悩むことも多いと思います。おすす

→もっと見る

PAGE TOP ↑