*

移転祝いの正しい贈り方とは

始めに

取引先の会社や事務所の移転祝いは花を送るのがビジネスマナーだそうです。
しかしただ花を贈れば良いというわけではありません。
ビジネスマナーもありますし、相手方へ失礼のないようにきっちりとすることは今後のお付き合いをする上でも重要です。
今回はそんな移転祝いのやり方を一緒に勉強していきましょう。

どんな花を贈るべきなの?
花と一口にいっても多種多様な花がこの世界には存在します。
そんな中でも移転祝いにぴったりな花は、
ずばり「胡蝶蘭」です。
多分多くの方がこれまでの生活の中できっとどこかで胡蝶蘭の移転祝いをみたことがあるのではないでしょうか。
様々なお祝い事でも利用されることの多い花なので、
移転祝いでもぴったりなのです。
お祝い事の贈り物鉄板であり、高級感にあふれ、見栄えにも良いのできっと送られる側も喜んでくれるでしょう。

胡蝶蘭も鉄板でお勧めでですが、筆者個人のお勧めもついでにですが書いておこうと思います。
それは「スタンド花」です。
これはスタンドに花を入れて飾るものなのですが、どうしても胡蝶蘭と比べると高級感や存在感が弱いです。
しかしこのスタンド花には胡蝶蘭にはない強みがあります。
それは胡蝶蘭と違い様々な種類の花をスタンドに飾ることができるという点です。
当たり前のようなことですが、実はこれには様々な使い方があります。
例えば花の色を指定できる点です。
当然のことですが花は何かしらの色彩を帯びています。
そこでです。もし移転祝いを贈る会社や事務所にコーポレートカラーが存在していたらどうでしょう。
コーポレートカラーは当然ながら企業イメージを象徴する大切な色です。
普段からこの色を意識するかは企業によってまちまちですが、きっと重役になればなるほどこういった意味を感じて喜んでくれるでしょう。
ポイントを稼ぐという意味合いだけでなく、こういった粋な計らいで喜んでもらえるような贈り物になると思います。

いかがでしたか。
移転祝いの鉄板と変化球の2パターンを紹介してきました。
予算や考え方などでこういったお祝いにも様々な味がでることをお伝えしたかったので、それが少しでも伝われば幸いです。


公開日:

no image
カフェの開店祝いなら、絶対お薦めが胡蝶蘭です!

カフェの開店祝い、何を贈ったら良いか、悩むことも多いと思います。おすす

→もっと見る

PAGE TOP ↑